ARCHIVE

スノボーはコースで選ぶ

スキー場スノボーには、スキー場によって様々なコースが存在しています。初心者用のコースに始まって、上級者向けコースや、オリンピックなど世界レベルの選手が使用するコースなど多数あります。また、スキー場によって、コースの全長や広さ、大きさなどもそれぞれです。多く存在しているコースの中で、どこのスキー場を選択するかは、そのタイミングでどれだけ楽しめるかという要素になっています。

初心者の方は、一般的にきちんとした止まる、滑ることが出来ない状態の時には、一般の方々と同じようにコース出る事は控えておくのもマナーの一つです。スキー場では、スキーをする人、スノボーをする人が入り交じる環境となっています。そのタイミングで、初心者の方がコースでウロウロしているのは、滑っている方々にとっては、とても迷惑な話です。ですから、周囲の人達に迷惑をかけない程度に滑れるようになってくれば、コースへ出て滑るようにしましょう。

コースは色々な人達が滑走しています。もちろん同じような初心者の方々や、上級者の方々などそれぞれです。自分のレベルに合わせたコースで楽しめるスキー場を選ぶのが楽しめる時間が増えるのです。スキー場の中には、20箇所以上のコースが存在している場所などもあり、上達していけば、更にスノボーを楽しめる時間が増えてくるという事になってきます。

スノボーの楽しみ方

滑っているスノボーを楽しむ為には、まずはスノボーが出来るスキー場を選びましょう。その中で色々なコースがある場所を選ぶと楽しみ方も増える為お勧めです。しかし、初心者の方や、スノボーを初めて間もない方々は、多くのコースを見るよりは、初心者向けのコースが充実していることが最優先です。

スノボーは基本的な技術をまず身につける事が大切です。止まる、滑るという動作を徹底的に練習して身につけましょう。スノボーを楽しむ為には、まずは大技などを実施するのではなく、細かな練習から実施していきましょう。その一つに止まる動作です。スノボーの板を両足に取り付けている為、しっかりと体を使って上手く板をコントロールしましょう。

止まる動作と同時に練習をしていきたいのが、滑り方です。自分がどちらの足を前にするスタンスかということをしっかりと理解することが必要です。利き足がコントロールしやすくなるのは、誰もが分かりますがスノボーでは、バランスを取れやすい方を選ぶようにしましょう。これは、野球などでも同じですね。右利きだけど左打ちのような感覚で、自分の体をコントロール出来やすい方向を知ることで滑りやすさが変わってきます。初めは緩やかな斜面を滑って、止まるの繰り返しによってまずはコツを掴んでいくようにしましょう。

スノボーを始めよう

スノボーを始めるのは社会人になったタイミングが多くなっています。スノボーやスキーをするためには、日本では冬の季節がメインになってきます。スノボーやスキーを始める為には、道具も揃える必要があります。また日本では、季節的に冬季がスノボーの季節として知られています。社会人になれば、自分の趣味として自分の稼いだお金で道具を揃えることが出来ます。その為、社会人になってからスノボーを始める方も多く見られます。

雪だるまスノボーやスキーは、ツアーなどで行く事もできますが、会社や友人など仲間周りで車を出し合って行くのもいいですね。冬の季節には車で出かける際には、タイヤなどにも注意しておきましょう。皆で行くのであれば尚更気をつけておきたい部分でもあります。雪が降っている地域では、道路に雪が積もっている状態では、タイヤが命です。スノボーの準備だけでなく、色々な面にも着目する必要性が出てきます。

準備が整ったら、スノボーに出かけましょう。初めて行く場合は、近場のスキー場などが良いでしょう。少しずつ慣れてくれば、離れた場所にし旅行気分で行くのが楽しめます。スノボーは滑れるようになってくれば、より楽しい時間を過ごすことが出来るのです。スノボーの道具などにしても、初めから新品でカッコイイ商品が欲しい気持ちも分かりますが、形にこだわり過ぎずに安いものを選ぶか、中古品を選択するかなど購入方法はたくさん存在しています。これらは他人の真似をするのではなく、自分の気持ちをしっかりと持つことが大切です。

loading
×